【金バッチ!?】Twitterの公式マークが変更

ネモト
ネモト
イーロン・マスク氏がTwitterを完全買収して約2ヶ月弱が経ちました。従業員の大量解雇や不明瞭なシャドウバン排除の動きなど目まぐるしい動きがありました。

Twitterは今後も大きく変動しそうですが、我々に影響する動きが新たにでてきました。

 

スポンサーリンク

公式マークが金バッチに!?

 

Twitterの公式マークといえば、青バッジのチェックマークでしたよね。

しかし、この公式マークを複数色展開するようです。

 

現在、Twitterは公式マークの新規付与を停止していましたが、2022年12月2日から公式マークの新規付与を再開するとともに、公式マークを「青」「金」「グレー」の3色展開にすると発表しました。

 

青バッジは、芸能人やインフルエンサーなどの個人向けの公式マーク

金バッジは、企業向けの公式マーク

グレーバッジは、政府機関向けの公式マーク

 

今、青バッジの公式マークがついているアカウントへの対応は公表されていませんが、おそらく徐々に該当する色のバッジに変更されるのだと思います。

 

公式マーク付与には時間がかかる可能性

 

公式マークの仕様変更は、アカウントの種別を分かりやすくするだけでなく、従来より問題視されていた、なりすましなどの悪用防止の意図もあるようです。

また、悪用対策として、公式マークの付与は全て、人による目視確認、手作業で行われるとのことです。

 

大量解雇により従業員が激減した状態での人による確認作業のため、公式マークを付与してもらうのは相当時間がかかると思っておいた方がよさそうですね…。

 

まとめと感想

 

2022年12月2日より、公式マークが青・金・グレーの3色展開になる仕様変更。

恐らく、色の変更よりも公式マーク付与に時間がかかる方が、影響が大きいのではと思っています。

 

イーロン・マスク氏がTwitterを買収したことにより、今後も大幅な変更が想定されますが、今、無料で使えている機能は有料化せず、無料のままにしてほしいところですね。

今の機能のプラスαや、追加機能を有料化するのは良いのですが、買収当時噂になったようなハッシュタグの有料化などは正直勘弁してほしいですね…。

 

Twitterがより使いやすくなることを祈るばかりです。

PR
最新情報をチェックしよう!